精神科の医師に相談しよう|心の不調で悩んだ時に頼れる病院

女性

心の病気を治療する病院

笑顔の女性

精神科探しは自分に合った病院を探すことが大切です。精神科の治療には薬物治療と精神療法が基本になります。さまざまな精神療法があるので、自分の症状に合わせた治療法がある病院を探しましょう。精神科を受診する際には、メモに必要なことを書いて行きましょう。

詳細を読む

入院の低下とその特徴

カウンセリング

入院患者を減らして通院によって治療することで、社会生活を送れるようにサポートする組織の力を借りて患者の自立が期待できます。精神科ではうつ病やノイローゼ、さらに依存症などの治療を行っており、その治療方法も様々です。

詳細を読む

快適な生活のために

女の人

困った時の拠り所

快適な生活を送るために必要なものは色々とありますが、その中でも意外と忘れられてしまいがちなものに心の拠り所というものがあります。今は心の時代というように言われる時代ですが、それだけ今の社会を生きる上では精神的なストレスというものが社会問題化しているのです。そのような社会を生きる上で、どうしても重視しなければならないものがこの心の拠り所というものなのです。一般の人達はその多くが仕事のストレスといったものに対して趣味に没頭したり、家族や仲間とのコミュニケーションといったもので解消したりしているようです。そうした人間関係や趣味に興じられるのであればいいのですが、しかしそういうものを持たない人は当然にそういった解消法が期待できません。そうなりますと普段からストレスというものが積もり積もってしまい、気がついたら重態となって入院なんていう事にもなりかねないのです。それに、もちろんいくらそういう対処法ができていたとしてもそれだけで絶対に安全という保証はありません。そういう人間関係や趣味というものは、もともとストレスを解消するための手段・方法ではないからです。そういう効果が期待できるというだけでそれがあれば安心というものではないのです。このように考えますと、我々はこのストレス社会においてかなり無防備な状況で生きている事になるわけです。では結局我々は、そうした精神的なストレスについて十分な対策というものはできないのでしょうか。

偏見ではなく理解を

そういったものに関して、実は身近にもっとも効果的と言える対処法が存在するのです。それは精神科の利用というものです。この精神科というものは当然に病院として構えられているもので、いわゆる心の医者の事です。こう言いますと精神科というものに偏見を持っている人はアレルギー反応を示してしまうかもしれませんが、実にそれは失礼ながら時代に遅れた思考なのです。欧米社会等では、この精神科を利用するという事は風邪を引いたから内科医を尋ねるというくらいに当たり前に行われている事なのです。日本ではいまだに偏見があって、精神科というものには抵抗感を感じる人が多いようですが本来、人の心を癒すのも体を癒すのも定義としては同じですし、そのどちらも同じくらいに重要なものなのですから同一に扱っても何も問題はありません。ですから風邪を引いた時に普通に内科医を尋ねるように、精神的なストレス等で苦しんでいるのならすぐに精神科を尋ねてカウンセリングを受けるという事はかなりの意味で重要なのです。心の病気というものは、体の病気のように目に見えないので体の病気よりも軽く見られがちですが、実際はそんな軽く扱えるものではないのです。体の病気というものも心の病気がきっかけで起こるものもありますので、もし自分の精神状態がおかしいと感じる、ストレスがひどくて日常生活に支障がでるようでしたらそのような偏見はすぐに捨てて精神科を尋ねるべきでしょう。心因性の頭痛や腹痛などは元々その部位に異常があるわけではないので、通常の診療科だと問題なしと言われてしまいます。しかしそんな症状に対し、心の面から治療のアプローチを行ってくれるのが精神科なのです。

良い病院とは

男性

身体的症状が強い時は心療内科へ、精神的症状が強い時は精神科へ行くべきだ。その際、自分の症状に合わせて自分が信頼できると思える、話をしっかり聞いてくれる、長期的な治療になっても通いやすい病院を基準に探すべきである。

詳細を読む

Copyright© 2016 精神科の医師に相談しよう|心の不調で悩んだ時に頼れる病院All Rights Reserved.