精神科の医師に相談しよう|心の不調で悩んだ時に頼れる病院

微笑む女性

入院の低下とその特徴

カウンセリング

入院患者の低下によって

精神科では入院治療を行うことが減少しています。入院を軽減、あるいは減少させることによって患者の精神的な負担を軽減し、今後の社会生活や社会とのかかわり合いによって病気の快癒を目指す医療機関が増えてきました。すでに医療機関では精神疾患における病気の多様化、軽症化が進行しているといわれ、入院治療が必要な患者が相対的に減少してきていることは知られています。その原因として知られているのが病気に対しての認知度が高まっていることです。医療機関だけではなく多数のメディアで精神疾患に対しての認知度が高まり、多くの人が正しい知識を習得しつつあるのです。かつてのように精神疾患についての偏見がなくなってきているため、病気の重症化が避けられていると考える医療関係者が増えてきたのです。今後は社会的な活動を通じて様々な患者が安心して暮らせるためのカウンセリングや、様々な治療法によって精神的な疾患からの快癒を目指すための法制度成立などが期待されています。多数の医療関係者だけが努力するのではなく、社会的活動のサポートをする組織の設立も望まれています。なぜなら、精神科だけではサポートできない部分は多いからです。自立した一人の人間として社会的な活動を過ごせるようになるためにサポートを行える組織が登場すること、また患者の周囲の人が病気に対しての理解を適切に行い、患者をサポートする体制が整えられることが精神疾患の治療において最も重要であるといえます。

決して特別な病棟ではない

どうしても身構えてしまい、精神疾患にかかっていても門をくぐりにくいと一昔前までは考えられていたのが精神科です。うつ病が非常に増えてきた時代があり、社内ドクターなどから精神科への診察を勧められる人が増えるようになると精神疾患の認知度が高まり始めました。心療内科と精神科の違いについてはどちらも何となく心の病気を取り扱う医療機関と考えられがちですが、実はほんの少しだけ異なります。心療内科は心の影響によって身体に及ぼす病気、つまり心身症と呼ばれている病気をメインとして診察する医療機関です。人間の心と身体は非常に強くリンクしており、無意識化で心に無理をさせていると次第に身体への影響が顕著になってきて病気になってしまうといわれています。病は気からというわけではなく、むしろ心が病気の状態が身体に影響している可能性が高いのです。対して精神科では精神的な疾患、うつ病やパニック障害、薬物依存症などをはじめとした様々な依存症などを治療する医療機関です。もちろん薬物投与によって治療されることも少なくありませんが、それ以外にもカウンセリングやグループ療法などによって病を自分自身で見つめなおし、体調回復を目指す医療機関といえます。その患者にぴったりな治療方法を紹介しており、治療方法を長年の経験から判断して提供しているのはどんな診療科目とも変わりません。医療機関ごとにうつの治療や依存症の完治など、得意分野があることも事実です。治療を行う際にどんな医療機関がどの病気に対して得意なのかを判断している人も、少なくありません。

Copyright© 2016 精神科の医師に相談しよう|心の不調で悩んだ時に頼れる病院All Rights Reserved.